臭いの染み込んだ壁

次亜塩素酸の噴霧

消臭施工で最も苦労するのは染み込んだ臭いの除去。
全体的に消臭すると、染み込んでいる場所の臭いがすごく際立ってきます。
今回も次亜塩素酸水噴霧後壁際の臭いが残りました。
クロスはすでに剥がしてある状態での施工。巾木の隙間にも染みている。
鼻を近づけると甘ったるい犬のおしっこの臭い。補修したボードの部分も臭う。
いつもの消臭剤を噴霧するも多少薄くなった程度。
今日も苦労しそう。
さてどうするか?時間もあるので臭いとじっくり格闘することとする。
湿らせて熱を当て、強制乾燥を繰り返すこと数回。
今回は、とある植物系の洗剤(消臭剤ではありません)を塗布し、スチームを当てること10秒×2セット。
洗剤に界面活性剤が含まれている為ブクブクと泡立つ。ちょうど壁を煮込んでいる感じ。
その後ドライヤーで乾燥させて確認。ほとんど臭わなくなったところで念の為コート剤をたっぷり噴霧。

半乾燥させたところで、オゾン脱臭機を直噴射1時間。この半乾燥というのがキモです。
施工後は脱臭機の風の効果もありすっかり乾いた状態。
目をつぶって壁の端から臭いを嗅いでみる。端は元々臭い無し。ずっと嗅ぎ進み反対側の端に到着。
違和感は感じられず消臭成功!
方法を忘れない様に自分の為にもブログにアップしておきます!

スチームで消臭
2017年03月30日