錆びた躯体

あるペット消臭の現場です。
おしっこし放題だったと見えて躯体のあちこちに染みがありました。
写真の金属の躯体部分。茶色になっているのは犬の尿による腐食です。
オス犬でマーキングする為、同じところに集中的におしっこをしたのでしょう。
写真の様に壁の裏側まで尿が染み込んでしましました。
臭いを嗅ぐと凝縮された尿の臭い。トイレの尿石を落とす様にクリーニングしました。
臭いが落ち着いたところで消臭処理。
よくお問い合わせで、「消臭工事って消臭剤をかけるだけでしょう?」と簡単に言われる方がいらっしゃいますが、こんな状態でいくらクロスに消臭剤をかけたところで、中がこんな状態ではじわじわ臭いが染み出してくる為、いくらクロスに消臭剤を噴霧しても効果は期待出来ません。程度にもよりますが、壁や床におしっこの染みがあるようでしたら、クロスの裏側も確認し、しっかり対処した方がより消臭効果が期待出来ます。
ちなみに写真の物件は犬を飼ってたった1年の物件でした。

2017年07月04日