ウィルス除菌

 調理施設のウイルス対策
お弁当の調理現場の除菌消毒作業。
上階からの漏水による被害によりノロウイルス等の予防の為に調理場全体な消毒作業のご依頼。
ノロウイルスは11月~3月に最も活発になるウイルスとはいえ、年中その被害は出ているので要注意!
乾燥や熱にも強く自然環境下でも長期間生存が可能なウィルス。 感染力が非常に強く、少量でも感染・発症する恐ろしいウィルスです。
 調理台や調理器具・食器関係は厚生労働省の指導要綱に基づいた次亜塩素酸ナトリウム水溶液をたっぷり噴霧・漬け込みし消毒していきます。
また、壁や空中の浮遊菌は次亜塩素酸水で除菌していきます。
次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムの様な強い臭いは無く、また人体にも安全なので作業者にとってもありがたい除菌剤です。
使用するのは、よりきめ細やかな粒子になる超音波噴霧器を使用しています。サーキュレーターで空気を回し全体に行き渡らせます。
もちろん噴霧中でも安全ですので作業をしています。
でも効果は濃度200ppm次亜塩素ナトリウム消毒の8倍、80倍の速さで除菌します。
最後に床を次亜塩素酸ナトリウム水溶液で拭き上げ終了。
 これで安全な環境で営業再開できる環境になりました。
2018年07月30日