プロバイオティクス

最近業界で話題になりつつあるプロバイオティクス。
善玉菌を繁殖させ、悪臭成分を捕食させて消臭するというもの。
なんとなく眉唾もの。自分は天然とかバイオとか酵素とかそういった消臭剤はいまいち信用していません。なんせ今まで期待外れ商品との出会いが多かったので…。
最近は、消臭剤より施工法が重要だなあと思っていて新しい消臭剤には興味が持てませんでした…。

先日、ヘビースモーカーが長年住んでいたタバコ部屋の消臭を行いまいました。
玄関扉を開けるとものすごい臭気が流れる。
クロスは交換・クリーニング済み物件なのに。
クロス下からじわじわ染み出している臭気が充満してる感じ。
工期は余裕を持って5日間。
いつものように基本清掃や消臭施工を進めていったん臭気は収まるものの、翌日臭気を確認すると戻っている。
しかもほとんど施工前と変わらないくらい。
よっぽど残存臭気が強いのか?
残り日数も少なくなりちょっと焦ってきた。施工方法を変更してみる。
プロバイオティクスの技術で製造されたグランバイオエアという消臭剤を試してみる。
なんとなく生きた善玉菌ということでクロスの表面だけではなく動きながら中に浸透してくれるのではないかという勝手なイメージをしながら散布。
散布後確認すると、今までどの消臭剤やオゾン脱臭でも経験したことのない大きな変化が感じられました。思い切り息を吸い込み鼻の奥で臭いを感じてみる。すごいすっきり感!
臭いは激減している。翌日も確認したところ臭い戻りは無し。
この善玉菌は5日間位生き続けて活動するということなのでもう少し変化を確認したかったが日程の関係で作業は終了。
もう少し検証してみる必要はありますが、グランバイオエア ちょっとお高いけど使える消臭剤でした。バイオ技術、少し見直してみようかな。

2018年09月02日