息苦しいカビの臭い

10畳ほどのお部屋で家族が減りしばらく使用していなかった北側のお部屋。全体的にカビ臭くなり、サッシ回りやガラスまでも黒カビが発生しいかにも身体に悪そうな状態。親戚が大学進学のために上京してくる為、お金をかけてリフォームをするつもりはないけれど、この臭いを消して、何とか部屋を使えるようにして欲しいとのことで先日消臭処理のご依頼頂きました。まずは全体的に表面に見えるカビを拭き取り除去。部屋の四隅のクロスにも真っ黒なカビが付着しています。建具や床も除菌剤で拭き上げ。サッシ周りのカビ臭さもある程度取れ、ガラス面も視界良好になりました。今回はあまりにカビの黒色が目立っていた為、除菌漂白剤を使用しましたが、壁の素材によってはまだらに色抜けする場合があるので注意が必要です。特に我々がハウスクリーニング時に使用している漂白剤は市販の何倍も強いので、必ず目立たないところでテストしてから使用することを心掛けています。ただ、カビが特に目立つ場合以外は使用しないようにしています。通常は、漂白作用の少ない除菌剤を使用しています。カビ臭の除去には除菌処理と脱臭処理が必要です。除菌しただけではあまり臭いは消えません。続いて脱臭処理。カビ臭に効果的なオゾン脱臭を行い臭いを除去しました。換気後初めとは比べ物にならないほど部屋の臭いが変わりお客様はご満足されていました。今回は抗菌処理はいたしませんでしたが、カビが生えやすい環境であったり、あまり換気出来なかったり、北側・床下が土で湿気がこもりやすいお部屋でしたら、抗菌処理をお勧めしています。

2016年05月07日