猫の消臭&お部屋全体クリーニング

お引越しクリーニングの際に消臭をご検討されるお客様からのお問合せが増えています。
簡易消臭とセットになったリフレッシュ効果の高いロイヤルコースでも軽度の臭いは消えますが、臭いの種類が際立つ場合や強い場合は単独での消臭施工をお勧めしております。目安としては、お部屋に入ってすぐに何の臭いか分かるようでしたら消臭施工をお勧めいたします。
今回は中古マンションのご購入のお客様。前オーナーが猫を2匹飼っていたとのことで消臭および全体クリーニングパーフェクトコースのご依頼。比較的猫臭が際立つ為、ロイヤルコースではあまり効果は期待できない旨をご説明の上、消臭施工を含まないパーフェクトコースと別途猫臭の消臭のご依頼となりました。消臭の対象はリビングおよび隣接する洋間。自分は、花粉症知らずで、特にアレルギー体質ではないのですが、猫の毛には敏感な様で鼻がむずがゆくなりくしゃみが止まらなくなることが多々あります。今回も壁等の埃落としをするとそんな感じで「ハックション」。窓サッシのレールにも短い毛が一杯詰まっていました。ハウスクリーニングと消臭をご依頼の場合は基本的に消臭処理を先に行います。臭いを除去する為の清掃(クリーニングレベルではありません。)を行った後、全体除菌をした後に消臭剤を噴霧します。安全な消臭剤を使用しているとは言え、一応クリーニング中の作業者にかからない様に、また、床や建具・備品に付いた消臭剤をクリーニングの時に拭き取る為に消臭処理を先に行います。今回は、猫の獣臭を除去する消臭剤を噴霧した後、猫独特の尿臭除去の消臭剤を噴霧。1回の処理である程度臭いが軽減されたものの、この時点ではまだまだなので、消臭剤を変え再度噴霧する。床もたっぷり目の消臭除菌で2回拭き上げ。だいぶ臭いが収待った為、2日間掛け全体クリーニング。クリーニング終了後に仕上げのオゾン脱臭をかけ作業を完了。お客様、「ああ、臭いは感じなくなりました。内覧の時は全然わからなかったのに、購入して荷物が無くなったらすごく猫の臭いが気になってたんです。これで気持ち良く引越できます。ありがとうございました。」お引越まで若干お日にちがある為、確認の為3日後に再訪し、臭いの確認をさせて頂く旨をお話しし作業を終了しました。猫独特の臭いの原因は、猫の尿に含まれるフェリニンというアミノ酸が猫独特のツンとした臭いの原因とのこと。去勢していないオス猫の尿に特に多く含まれているとのことです。

2016年04月28日