バスルームのがびがび扉

バスルーム扉の水垢扉のぶつぶつ

バスルームの扉です。
すりガラスの様なアクリルパネル。よく見ると無数の白いぶつぶつが付着しているように見えますが、これは内側に付いた水垢です。
バスルームクリーニングではこの水垢を除去するのは結構骨の折れる作業です。と言いますか、ほとんどの業者さんはスルーする汚れです。表面が凸凹の為そこに水が溜まり固着します。でも全体的に付着していると意外と気にならない汚れかもしれません。でも気にされる方は結構がんがんごしごし擦ってます。初めはスポンジ等の柔らかいもので擦っている様ですが全然取れません。すると次からは徐々に固いもので擦るようになり、結果傷だらけの扉になっているお宅を多々お見受けします。扉全体的に水垢が付着しているお宅は、掃除のたびに水をかけている場合が多く、きれい好きの方のお宅のほうがこんな感じになっていることが多いかも。
下はクリーニング後です。

今回はきれいになりましたが、付着年数や水質によっては全く歯が立たない場合もありますので、お掃除の際は水をかけたらそのままにせず、しっかりふき取ることを習慣とすることをお勧めいたします。

風呂扉クリーニング
2016年12月05日