風呂釜配管洗浄の勉強会

今日は風呂釜配管洗浄の勉強会に参加しました。
業界ではかなり前より始めている方もいらっしゃいましたが、最近にわかに脚光を浴び始めたお掃除メニューです。先駆けて事業展開されている会社さん主催の勉強会です。
あれは出来てこれは出来ないという業者より、一通り何でもこなせる業者はやはり重宝されます。お客様のニーズに臨機応変に対応すべく、当店もどんなものかと、とりあえず講習会に参加してみました。
最近の風呂釜は蛇口を捻ってお湯を貯める方式は少なくなり、循環式の追い炊き機能が付いた風呂釜が主流です。使用しているうちに風呂釜と給湯器の間の配管が汚れていきます。
すでに汚れが取れている風呂釜配管なので汚れが出ないのが残念でしたが、機械操作はともかく、洗剤の投入などはちょっとコツが必要でした。また、風呂釜システムもいろいろな種類があるのである程度経験が必要かなと感じました。
ジャバなどでしょっちゅう洗浄されているご家庭ならさほど汚れていないと思いますが、そういうご家庭は少数派だと思われます。長いこと洗浄しないと配管に汚れが溜まりこびりつき、当然ジャバでは取れなくなります。レジオネラ菌や大腸菌、ぬめりや入浴剤のカスなどが付着し衛生的に宜しくありません。実際レジオネラ菌で亡くなる方もいらっしゃいますし、特にお子様やご年配の方がいらっしゃるご家庭には特におすすめです。
浴槽の穴が一つで(金属カバーがしてあるお湯が出るところ)、追い炊き機能が付いていればガス式でも電気式でも施工可能ですので是非ご検討下さい。
講習を終えて、当店もメニューに加えることといたしました。

2017年09月18日