ブリーツ網戸

 最近のマンションはブリーツ網戸(ジャバラ網戸とも呼ばれています。)が増えてきました。
収納できるのがいいのだと思いますが、一般的な網戸と比較して汚れが取れにくく、お部屋全体の網戸がブリーツ網戸ですとかなり難儀します。
網戸に山谷があり、そこにほこりや汚れが付着し、収納したときに網目にがっちり食い込むからではないかと思います。
 また、普通の網戸は枠に張り付けていますが、ブリーツ網戸は網の上下を細い紐で固定してあり、網を擦ると非常に不安定で破けやすいです。だからより慎重にならざるを得ない分、時間が掛かります。
網戸自体も高価で、交換するには万単位ですから破かない様に慎重に慎重に。
 写真の網戸は向こうが全く見えません。
これだと風もほとんど通らないでしょう。網戸の役目を果たしていないですね。
上はほこりと煤煙、真ん中から下はほこりと煤煙とカビです。
 まずは、掃除機で出来るだけほこりを取ります。上は取れても、下は固着して全く取れません。次に漂白剤とアルカリ洗剤を噴霧し柔らかブラシで擦ります。十分になじませたところで横拡散で放水。みるみる汚れが落ちてきます。
残った汚れは、両サイドからタオルで擦り取ります。
最後に、再度横拡散で放水して固着した汚れを吹き飛ばします。
 ようやく向こう側が見えるようになりました。
何とか、ご覧のレベルまでになりましたが所要30分。時間にあおられます。
 キッチンの場合はさらに油が付着する為取りにくく、なるべくなら油を使用している際は使われない方がきれいな状態を長持ちさせることが出来ますよ。

2018年03月23日