たまには窓を開けましょう!

あまり窓を開けていなかったのでしょうか?
ご売却のマンションのクリーニング。
なんせ窓がカビだらけ。
写真はちょっとわかりにくいかと思いますので、拡大して見て下さい。
特に一階なので湿度も高くサッシやビートは真っ黒。
カビを取る時は、当然業務用ですから、こんな場合は市販のカビ取り剤の5倍くらい強いものを使用します。強烈な塩素臭を放ちますので出来れば使用したくはないのですがきれいにするためにはやむを得ません。今日は空部屋なので使用しますが、すぐに窓を開けて換気しないと部屋中に塩素ガスが充満して喉がイガイガ目がしばしばします。
今回はご覧の様にきれいになりましたが、必ずカビの色素が、一回のクリーニングできれいになるわけではありません。
長期に渡って根付いたカビの色素はそう簡単に取れるものではありません。
ご入居中の場合は、クリーニング後に残った黒い色素の除去するためのアドバイスとして、市販のカビ取り剤を100均の筆で塗ってから、乾かない様にラップを貼ることをお勧めしています。
これをこまめに10日~2週間位続けると、だいぶ色が抜けてきます。
ただし、サッシに漂白剤の垂れ染みを付けない様に、垂れたらタオルですぐに拭き取りながら作業して下さい。また、必ず換気しながら作業をして下さい!
なによりカビが発生しない様、普段からこまめに窓を開けて乾燥させることが大切です。

2018年04月13日