かわいそうな浴槽

 年も明け、年末の慌ただしさから解放され、忙しくサボっていたブログをようやく再開します。
写真は賃貸物件の浴槽です。
久々に見た醜さです。
淵から底までびっしり水垢と石鹸カスでコーティングされています。
 オーナー様のお話では15年以上退去者の方は住まれていたとのこと。
おそらく掃除はされていなかったのでしょう。また、1Rの3点ユニットの為、バスルーム内は狭いので、浴槽内で身体を洗い、十分に浴槽についたボディソープやシャンプーを流さないことが習慣になっていたのでしょう。体の汚れが付いた洗剤成分が蓄積されこんなかわいそうな浴槽になってしまったと思われます。
爪で擦ってもびくともせず。寒いこともありカチカチに固まっています。手ごわそう。とりあえず、中性洗剤と粘性のある洗濯洗剤を混ぜ放置。キッチンの作業に取り掛かる。熱湯を沸かし、アルカリ洗剤を塗布し新品のちょっと硬めのこげ落とし用のパットでやさしくこすり落とす。ある程度落としたら、素材に傷が付かない様にやわらかめのパットに交換し酸性洗剤に変え擦り落とすこと15分。熱湯にパットを付けながらの作業でした。熱湯のおかげで洗剤効果が高まり、意外と短時間でご覧のようになりました。手は真っ赤になりましたけど。
 オーナー様もきれいになるか心配されていた様ですが、結果に大満足されていました。

2019年01月08日