防カビ施工

漏水現場の消臭及び防カビ処理。
漏水による強い生乾き臭を除去してカビが生えない様に防カビをしてほしいとのご依頼。
今回はスケルトン状態の現場の為、全体的にくまなく処理することが可能な現場。
リフォーム中に漏水していることが発覚したとのこと。
まず、電気関係などの養生しながらその間、次亜塩素酸水を噴霧しながらざっと大まかに全体消臭。
次に、除菌剤の散布。
除菌に有効ななエチルアルコールを含む除菌剤を使用している為、抗菌作用に加え消臭効果もあります。
十分に散布。場所によっては2回3回と入念に散布します。
送風機で乾燥させたのちに防カビ剤を散布塗布していきます。
当店では、数ある防カビ剤のうち、効果の薄くなりやすい屋外やバスルームなどの水周りにも効果が長持ちする薬剤を使用しております。
壁やコンクリートなど臭いが染み込みやすい多孔質の材質に施すとゲル化した薬剤が臭いを包み込み消臭効果も発揮します。
除菌剤も防カビ剤も専門機関で安全性が確認された薬剤を使用しています。
防カビ剤は、効果を長期間持続させる必要がある薬剤ですし、長期間お客様を健康を害すような不安全な環境にさらすわけには参りません。
ハイブリッド光触媒の材料と同様、安全性にこだわった薬剤を使用しております。

2019年04月14日