ジャバラ網戸の洗い方

最近、すっかりメジャーになったじゃばらの網戸ですが、洗うのって結構大変ですよね。特に、油汚れの付きやすいキッチン横の勝手口網戸はやっかいです。 構造上、普通の網戸の様に取り外して洗えないので、完全に汚れ除去するのは難しいかも知れませんが、こんな方法で洗ってみては如何でしょうか。用意するもの 1.柔らかめの洗車用ブラシ 2.ホームセンターで売っている薬品塗布用の刷毛 3.大き目のビニール袋 4.使い捨てバスタオル 5.ホース(ノズルは推量調整可能なものがベター 6.油汚れ用洗剤  手順1.網戸の内側床に、ビニールを敷き、その上にバスタオルを敷きます。2.網戸の下辺を外側に出し、水の流れ道を作ります。3.勝手口扉を5cmくらい開いておきます。タオルを挟んでおけばよいでしょう。4.洗剤を満遍なくかけ、破けないように手で網戸を支えながら、やさしく洗車ブラシで擦ります。5.洗いにくい、網戸の谷の部分は刷毛を用いて、念入りに擦り、洗剤を浸透させていきます。6.水を掛けて、洗剤を洗い流していきます。このときノズルは強めのジェットや横拡散などを使用すると効果的です。汚れを吹き飛ばしてくれます。下の方は、汚れや洗剤の残りが溜まりやすいので、十分に洗い流して下さい。7.時々床に垂れる水をバスタオルで拭き取って下さい。8.洗浄後は網戸を乾かして終了です。以上、ご参考までに。

網戸クリーニング窓あらい
2013年05月02日