バスルームの壁の水玉模様

バスルームの壁に付着している水玉模様(水垢)はあまり気にされている方は少ないようで、ご説明時に気になるところをお聞きしても、カビや鏡といわれる方が多く壁の水玉模様を指摘される方はほとんどいません。でも、クリーニング後に水垢が無くなった壁は、照明の光が反射してバスルーム全体が明るくなり、明らかなビフォーアフターとなります。でも取り切れない場合もあります。壁の素材による場合、また、特にとり切れない場合はミストサウナがある場合、入浴後に水で全体を洗い流されていて何層にも水垢が積み重ねられている場合。水をかけてもすぐ拭き取ればよいのですが、浴室乾燥機で乾かしている場合はさらに最悪です。水分が飛んでカルキがしっかり残ります。今日のお宅も、おそらく前の持ち主が天井も含め水をしっかり撒く習慣があったものと想像できます。バスルーム担当スタッフが、道具を変え洗剤を変え悪戦苦闘していました。

2015年03月03日